訴訟を行う

Pocket

訴訟の手続きB型肝炎給付金を受け取るために必要な書類がそろったら訴訟の手続きを行う必要があります。B型肝炎ウイルスの給付金を受け取る為には、国に対して裁判所に国家賠償請求訴訟を提起する必要があるからです。この国家賠償請求訴訟は非常に面倒な手続きや、B型肝炎ウイルスの感染被害者である事の証明であったり、B型肝炎ウイルスの給付金の受給要件に必要な書類がしっかりと揃っているかや、作成した書類に不備や記入漏れがないかどうかなどをしっかりとチェックしたり、給付金を請求するための訴状の作成など、素人の方にとってはとても大変な内容になっております。

先ほどの資料集めまでは個人でできても、こちらの国家賠償請求訴訟の提起に関しては誰でもできるという物ではなりません。その為、この段階から本格的に弁護士の方の力が必要になってきます。弁護士に依頼するのはとてもお金がかかるように思っている方も多いのですが、基本的にB型肝炎ウイルスの給付金に関しての訴訟の場合には、成功報酬といって、給付金を受け取る事ができたら、その受け取った金額の中から決められた金額を弁護士に支払う事になっておりますので訴訟段階ではまとまったお金を用意しておく必要はありません。例えば、B型肝炎訴訟を行う弁護士法人アディーレでは、給付金受け取り後の後払いとなっております。また、相談料・着手金・訴訟実費は無料となっておりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。