給付金の受け取り

Pocket

B型肝炎訴訟の提訴書類がそろったらB型肝炎訴訟の提訴が行われます。このB型肝炎訴訟の提訴は、弁護士が登場する映画やテレビドラマのようにガンガンと言い争うといった事ではありません。B型肝炎訴訟の提訴は、裁判を通じて国との患者さんの間で勝ち負けを争うといった事ではなく、B型肝炎の給付金を受け取るために必要な書類が揃っているのか、揃っている書類は対象となる事を証明出来ているのかなどを話し合う場でしかありません。その為、一般的な弁護士事務所に依頼し、書類の作成から資料収集のアドバイスを受けている状態であれば、問題なく和解は成立するようになっております。

一般的に和解が成立するまでは半年から8ヵ月程度かかるようになっております。和解が成立すると患者さんの症状や病状に応じた給付金などの金額が決定する事になります。それらの金額が記載された和解調書が裁判所にて作成され訴訟は終了になります。

この和解調書などの給付金の請求に関する書類を弁護士から社会保険診療報酬支払基金に提出する事によって給付金を受け取る事ができます。この際に銀行口座に振り込まれる金額は、給付金から弁護士に支払う成功報酬を引いた額が振り込まれる事になります。振り込まれるのと前後して、裁判で使用した書類の返還が行われ訴訟が終了になります。